コラム

元記事2017-09-15 
最終更新 2020-05-13

とある某有名日本企業で2週間インターンシップに参加した。その時の記憶を忘れないように残しておく。企業名はブログに書けないため、伏せておく。(*個人的意見であることに注意)

2020-05-13更新
ヨーロッパでも長期でインターンしてきたため、ヨーロッパの労働環境とも比較してみる。ベルギーとドイツ中心に。


○定時退社日もあるものの、残業がないわけではない
【日本】参加した企業は夜8時までには終業しなければならない。昔は夜10時まで残業できたよう。にもかかわらず、昔と今とは仕事量は変わっていない。そのため、実際は土日にも働いている人がいて、普通に残業がある。新入社員でも定時に帰れるのはまれだった。他の企業を見ていないのでなんともいえないが、仕事量は多いといっていい。

【ヨーロッパ】確かに、残業せざるを得ないときはあった。ただ、残業した分、他の日に早く帰ることができたりと、繰越しすることができた。ヨーロッパはとにかく仕事は早く終わらせるようにして、5時には帰れるように皆効率を重視していた。労働の質を高めていた雰囲気ではあった。また、スーツを着る必要がなかったのはプラス。

→労働時間の長さや、働きやすさでは、ヨーロッパのほうがいいと感じた。


○入社すると、会社に縛られながら生きていく
【日本】会社に入ると、ほぼ逆らうことはできない。新潟へ行けと言われれば、嫌でも行かなければならない。自分の第3希望の部署に飛ばされることだってありえる。実際に新入社員がそうだった。本当に自分のやりたいことがあったとしても、それを叶える土壌はほとんどないように思えた。せっかくの人生、自分の好きなように生きていきたいものだ。

【ヨーロッパ】これはヨーロッパもしかり。ドイツへ出張にいけと言われれば、行かざるを得ない。私の場合は出張が頻繁にあった。来週自分はどこの国で何をしているのかもわからない状態。これだと週末の予定も立てづらい。会社に縛られているな、とひたすら感じた。

→会社員であれば、日本でもヨーロッパでも、自分を犠牲にして会社に従わなければならない。自分の人生を生きたいと思ったら、起業するか、フリーランスにならなければと常に思った。


○安定志向の人には向いている
【日本】日本の大企業に入社すれば、ほぼ安定して働くことができ、安定してお金は入ってくる。人生設計は築きやすいだろう。安定志向の人は日本の大企業に入ったほうがいいといえる。ただ、液晶テレビのS社や半導体のT社もガタついている時代。本当に安定して働けるのかは誰にもわからない。

【ヨーロッパ】海外は実力社会だ!できないやつだとすぐ解雇される!と言われるが、これはアメリカに多い気がする。ヨーロッパでは、雇った人は、きちんとした理由がなければなかなか解雇することはできない。今のコロナでも、アメリカはかなりの失業者が出ているが、ヨーロッパはそこまで出ていない。会社や政府が守っているからだ。ただ、同期の間でも競争意識は多少あるし、上司からの評価は気にしてしまう。実力があれば出世し、実力がなければ居心地は悪くなる。

→どこの国、どこの企業に属していても安定などはないと思ったほうがいい。コロナのような非常事態が起こったとしても、政府に頼ることなく、生きていくためのバックアップは持っておくべき。そのためには、企業に頼らなくてもいい、個のちからがこれから重要視されていくはず。スキルを持って、自分で生きていくようにしていきたい。


○日本企業に海外で働くチャンスはあるか
【日本】私が参加した企業は、グローバルに展開しているといわれているが、あくまで日本企業のため、海外駐在や海外出張は少なく、まずは日本市場優先という考え方だった。日本から出たくない人には日本企業は向いているだろうが、日本を出たい私には全く合わなかった。いつ海外にいけるかもわからず、どこに何年飛ばされるのかもわからない。自由に国と期間を選ぶためには、海外就職がよいという結論に至った。

【ヨーロッパ】ここはもちろん海外。言語の面で苦しむことも多いが、やはりチャレンジングな環境だなと思う。ただ、日本のほうが食事は美味しく、生活の質は日本が一番だなと感じる。

→海外で働きたい場合は、まずは海外就職を目指してみよう。


○向上心のない人が多い、終身雇用に安住している人が多い
【日本】大企業のため、クビにされる可能性は少ない。そのため、自分のスキルアップのために勉強している人は残念ながら少なかった。新聞もとっていない社員もいたり、このまま定年までなんとな〜く不自由なく生きていければいいやという、向上心がないような人が多かった。でも、有名大学出身で、優秀な人ではある。その会社での仕事は素晴らしくできるだろうし、部署が異動したとしても、学習能力は高いため、すぐに仕事に適応することはできるだろう。ただ、転職して他社にいけるかといえば?だ。このブログ(リンク切れ)にあるように、社員さんは夢をほとんど語っていなかった。自分も社会人になるとこうなるのであろうか。

【ヨーロッパ】ヨーロッパではみんな向上心があるか、といわれるとある人はあるし、ない人はない。勉強が嫌いという人も多くいた。向上心を持つ人の割合は、日本もヨーロッパもそこまで変わらなかった。転職はしやすい環境で、多くの人がしているので、次はこんなことをしてみたいという夢は抱きやすいだろう。終身雇用はまず保証されていないので、もちろん転職できるスキルは必要。

→”意識高い”人の割合は日本もヨーロッパもそこまで変わらない。もう終身雇用はどこにもないので、やっぱり個の力が大切。


○日本文化の飲み会は必須
【日本】歓迎会と称する飲み会が開かれたのだが、総勢20人ほどの前であいさつをした。Googleではインターン生がボスと飲むことはNGらしい (以下の動画参照)。実際には、Google社員とボスはよく飲むらしい。アメリカ企業においては、飲み会はほとんどない。これがいいかどうかは人によると思うが、私はアメリカよりの考え方だ。仕事は仕事。自分の時間は邪魔されたくはない。ベテラン社員さんは、「飲みニケーションでストレスを発散し、息抜きするのだ!」と言っていたが、若手社員にしてみては気を使い、迷惑極まりない。(貴重なお話が聞けるのはいいと思うが、何度も飲み会に行けば、貴重なお話はネタ切れになるだろう)食事代が無料なのが唯一の救いか。

【ヨーロッパ】飲み会は、、、たまにある。出張では、かなりある。会社全体の飲み会は年に数回程度。自由参加で、フランクな感じ。出張では、すごく多い。途中から同僚と行き過ぎて、もう会話に生産性がなくなったと感じたため、かなり行く回数は絞った。ボスとの飲み会も多少ある。ただ、飲み会でベルギー人やドイツ人がどういった考え方、思考をしているのかを知ることができたので、得られるものは多かった。英語の練習にもなるし。

→飲み会はヨーロッパではたまにあるが、頻繁ではない。出張があると、かなり多くなる。飲み会に行かないといけない、といった雰囲気はないので、プライベートは守ることができる。


The Internship Movie CLIP - Red Paddle, Green Paddle (2013) - Vince Vaughn Comedy HD
 
0;22
Having a beer with your boss. (-NO)

(映画の設定なのかもしれないが、日本企業でこのようなことには絶対にならないだろう)この映画から学ぶ英語はこちらに掲載しています。本物のGoogleインターンシップはこちら

以下の動画によると、アメリカの最終学年の高校生の6人に1人はギャップイヤーを取ることを考えているという。新型コロナによって、すべての授業がオンラインになってしまうことを懸念してのことだ。

果たして、コロナでオンライン授業になり、いつものような大学生活を送れないがために大学を休学するべきなのか。

もし、大学に行く目的が、人に出会うため、人と交流するためなのであれば、休学を考えてもいいだろう。ただ、休学したとしても、大学以外の場でそれが行えるのかはわからない。

勉強する目的で大学に行くのであれば、必要不可欠な教育はオンラインで提供されるだろうから、休学する必要もない。ただ、今ではオンラインでほぼお金をかけずに学ぶことができるようになっている。学費が得られる教育と見合っているのかは考えなければならない。

個人的には、学費がそこまでかからない場合、休学せずそのまま学校に通ったほうが良いと思う。休学しても、旅や仕事も思ったようにできる保証がないためだ。

学費がアメリカのように数百万かかる場合は、そもそもそのお金を払ってまで大学に行く必要があるのかを再度考えたほうがいい。世の中には返済不要の奨学金も多くあり、ヨーロッパでは学費もかなり安い。

日本の大学生はギャップイヤーという概念もない人が多いようで、オンラインで渋々授業を受けている様子。

今の所、6月以降も学校を再開できるか微妙なところであり、いっそのこと、9月から今の高校生までは新学期にしたほうがいいのでは。大学は、学費収入が半年分なくなることを気にして、今すぐ全員はやらないだろうから、今の高校3年生まで9月から新学期でいいと思う。海外基準に合わせる、最後のチャンス!!
文科省もいよいよ前向きになってきている模様。

(その他記事)
More students are now considering college gap year because of COVID-19

Incoming college students consider taking a gap year instead of school during Covid-19


Countdown on for parents and students entering college l GMA




How Coronavirus Changed College Overnight

3:29
exacerbate: 悪化する
【例】Her allergy was exacerbated by the dust. 

School closures have exacerbated these issues. 
(家、食の問題など)

9:53
pessimistic: 悲観的な
pessimism紹介済み

You cannot be pessimistic at a time like this. 


先日、ロンドンでDear Evan Hansenのミュージカルを見てきた。主にイギリス人が演じているが、イギリス訛りはそこまでなく、ハリーポッターの舞台よりかはわかりやすくなっている。
この舞台を見る前に、知っておいたほうがいい単語を紹介する。

pep talk; 励ましの言葉
主にスポーツ選手の試合前にコーチが行う激励のこと。

Hey, have you been writing those letters to yourself? The pep talks? “Dear Evan Hansen. This is going to be a good day and here’s why.” Have you been doing those?

>>
"Anybody Have a Map?" from the DEAR EVAN HANSEN Original Broadway Cast Recording


>>
acorn: どんぐり

You fell out of a tree? What are you, like, an acorn?


"Waving Through a Window" from the DEAR EVAN HANSEN Original Broadway Cast Recording



"If I Could Tell Her" | DEAR EVAN HANSEN

0:35
cuff: 袖口
ここでは、ズボンの折返しのこと。How to cuff your jeansのように、動詞としても使えます。アメリカ英語です。

scribble: いたずらに書く

You scribble stars on the cuffs of your jeans


“Requiem” from DEAR EVAN HANSEN performed by Mallory Bechtel | DEAR EVAN HANSEN

requiem: (ラテン語)安息を

grieving: 深く悲しむ
誰かの死を悼む気持ち。
【例】There is no time for grieving

Why should I play the grieving girl and lie

昔から英語の勉強法を参考にしてきた、Atsuさんの単語帳、Distinction I がやっと届きました。この本は、日本で英語の勉強をしていてもなかなか出会えないが、ネイティブがよく使う英単語を集めたものです。実際に読んでみて、知っている単語もあれば、聞いたこともないような単語も多くありました。(この本は、期間限定販売で現在再販の予定はたっていません。)この本に出てきた単語の中で、私もYouTubeを見ていてよく耳にする単語をリストアップしておきます。クリックすると、実際に以前私が紹介した記事を見ることができます。

(ページ数)単語

068 bite the bullet

172 cool as a cucumber 

108 down in the dumps

092 down-to-earth

118 drag one's feet

114 drama queen

076 get one's hands on sth

204 go Dutch

042 have butterflies in one's stomach

142 hit the ground running 

218 hindsight is 20/20

124 killing it 

206 like two peas in a pod

098 on sb's radar

146 play devil's advocate

178 spruce sth up

まだまだあるのですが、力尽きてしまったのでこの辺りでやめておきます。これらの語句は、この書籍400語あるなかのごく一部であり、他にもたくさんの重要語句が詰まっています。MP3の音声もダウンロードでき、オーストラリア訛りの英語(アメリカ英語)で収録されていました。Distinction Ⅱも今後は販売する予定らしいので、チェックしてみてはいかがでしょうか。(相当あとになるでしょうが)

オリジナル単語帳出版決定!刊行イベントも開催します!Atsueigo - Distinction I



本に出てきた英語を紹介します。今回は、最近映画化されたWonderという本です。映画についてはこちらで紹介済み。子供向けの本であることからも、非常に読みやすい、易しい英語で書かれています。平易すぎて、面白い英語表現がなく少し退屈でしたが...

Wonder
R J Palacio
Corgi Childrens
2013-01-03


like a lamb to the slaughter; 危険なことを犯しに行く(危険があることを知らずに)
羊が殺され、肉にされるときに、羊自身は殺されるとはわからず人間についていくことから。この本には3~4回でてきます。

"So sending him off to middle school like a lamb to the slaughter..." (p.10)


state of the art; the highest level of general development
13 Reasons whyにも出てきていました。

I got a new sled, too! ... It's so state of the art


Precept; 教訓
(発音注意/pricept/)5回以上出てきたでしょうか。



Imperfect Parenting | What Would You Do? | WWYD
  
2:22
She still has her two cents left over for our mom. 

3:40
I knew it.; やっぱそうだったか。そうだと思った。



Wells for Boys - SNL

0:11
well: 井戸、泉

Introducing wells for sensitive little boys from Fisher-Price. 
( Fisher-Price = おもちゃブランド)




↑このページのトップヘ

BACK
TO
TOP