今回は、一つの記事として紹介できない、ちょっとしたインドトリビアを箇条書きにさせていただきます。インド好きでなければ特に読む必要はないでしょう。自分の経験をもとにした個人的備忘録になります。

・イスラム教を信仰した女性は、黒い布で顔まで多いかぶっている人もいる。インドではそのような服装の女性をよく見かける。
 
・インドでは、ヒンドゥー教徒が8割をしめる。

・インドの独立記念日は8月15日。イギリスから独立した日である。Independence Day

・Brahma is the creator god in the Hinduism. He has four faces.ブラフマーはHindu教の創設者である。

・ 世界で一番最初の大学は、Takshila(今のパキスタン)に700BCにできた。Takshashilaとつづることもある。

・インドのNational animalはTigerとPeacock(National bird)である。 Bengal Tigerは多くがインドに生息している。National flowerはIndian lotusである。日本語では、蓮(はす)という。これの地下茎がみんな食べてるレンコンである。

・ C.P. Ramanujamという人がいる。インドの偉人。数学者であった。36歳で死去している。

・インド人はNを「にゃん」と発音する人もいる。(個人的にそう思いました)

・インド人はケータイは基本マナーモードにはしない。

・多くの大学がそうだろうが、「大学の自治」という言葉がある。英語ではAutonomous Universityだ。インドにも多くある。大学の自治とは、教員の人事なども大学が自分たちで決め、学生たちも自分たちで管理するといった意味。学問の自由を守るためにあると言われる。外部からの圧力を受けることなく自由に勉強、研究しましょう!ということ。

・canteenというのは、イギリス英語で学生食堂の意味がある。インドではイギリス英語が溢れている。1階はGround floorといい、2階はFirst floorである。

・インドのチョコレートで人気なのはDairy Milkという商品です。イギリス生まれの商品。Dairy(/deri/)は、乳製品といった意味がある。個人的には味はMeijiのほうが上。

・インドでミネラルウォーターといったらBisleri。インド人いわく、インドでは多少高級なミネラルウォーター。60%のシェアがインドではある.(Wikipediaより)

・インドではトイレのことをよくWashroomという。アメリカのようにBathroomは使わない。Restroomといえばだいたいは通じる。

今回はクリケットを紹介します。

クリケットはイギリスで発祥したため、イギリスの統治下にあったインドではサッカー並に大人気のスポーツです。 
こちらがクリケットのわかりやすい説明動画です。

The Basic Rules of Cricket Explained
 

The Basic Rules of Cricket Explained Reaction!


6;29
cricket seems like a dope ass sport

dope ass; すげえ、やばい really cool, good
dopeは麻薬、すごいヤバイ という意味。

dope azzと書くこともできます。funny でgoofy(odd)(まぬけ)にしたければ。他にはチャットでよく使われるのが、kewl (coolの代わりに)stahp (stopの代わりに)があげられます。dope assが正しいつづりです。

アメリカでは誰もプレーしてないといっています。ちなみに、世界2番めに人気のあるスポーツといっているのは、インド人のほとんどがプレーしているということを前提としているため、競技人口が莫大になっているからです。インド人を除くと、オーストラリアやイギリスなど非常に限られた競技人口となります。


ーーーーーーーーーーーーーーーーー
ちょっとメモ

Bangalore International Airport(インド)へ行った際に、出国手続きをしている最中、ある看板を発見しました。 
OCI と PIO です。この2つで出国手続きが別れていました。そこで今回はOCIとPIOは何なのかを簡単に解説します。
単純にOCIカードとPIOカードを持っている人で区別しています。どちらもインドに住むためのビザです。
OCIとは、Overseas Citizen of Indiaで、海外インド市民権のこと。インドの永住権を持った人。
PIOとは、Person of Indian Originでインドに直接的な関係のある人。例えば、インド人と結婚した外国籍保持者などはこのカードがもてる。

この2つの違いはなかなか難しく、制度も年によってコロコロ変わるため、大体の意味を理解してれば十分でしょう(インドに住む気がなければ)。どちらもインドに住む人むけのVISAでわけられているということです。

↑このページのトップヘ

BACK
TO
TOP